伝統工芸の藍染めの技術を使い Japan Blue Leather AWA AI をKINUYAが提案します             日本語 |English

top01.jpg

ai101.JPG

  • 阿波藍
  • AWAAIの技「天然灰汁発酵建て」
  • 阿波藍の美しく調和のとれた天然の色は、「JAPAN BLUE」と称えられています。
  • 江戸中期から今日に至るまで、阿波徳島は藍の生産を担っています。
  • 5世紀に日本に入ってきた藍染めは、江戸時代から阿波藩(徳島県)で生産されるようになり、日本中の藍染めをする染色工房「紺屋(こうや)」に送る藍の原料「スクモ」をつくるようになります。その流れが今日に至るまで続き、藍のことを「阿波藍」と呼び徳島は「藍の源流」として日本の藍の生産を担っています。天然皮革の染色は、「天然灰汁発酵建て」という100%天然の素材を使って染める技法です。この技術は、革を何度も染液浸し一枚一枚、丹念に職人の手で染められたものです。
  • 革の質感と天然染色が調和し、美しい自然の色が生まれています。

IMG_2024.JPGIMG_2024.JPGai_02s.jpgai_02s.jpg

動画 AWA AI ストーリー

No1

No2

img_process01-1.jpg

(1) 藍種

3月の大安の日を選んで藍の種は苗床に撒かれます

003蒅の俵.JPG

(2) 藍畑
成長した藍葉は7月と8月の2回、刈り取りを行います

img_process03.jpg

(3) 乾燥

刈り取った葉は、裁断機にかけられ藍葉と茎に選別された後に天日で充分に乾燥し(藍粉成し)保存します

ai_006_1.JPG

(4) 切り返し

秋、保存しておいた藍葉を「寝床」に入れ、藍葉に水を打ち混ぜる(切り返し)を2月中旬まで何度も繰り返します

ai_008_1.JPG

(5) 発酵

藍師によってゆっくりと発酵させたものを藍染め染料「スクモ」と呼びます

img_process06.jpg

(6) 出荷

仕上がった阿波藍は、藍師の屋号の印を押した「かます」と呼ばれる専用の袋に入れられ、日本全国に出荷されます

DSCN0654.JPG

015.JPG

阿波藍は藍がめに入れられ、小麦や木灰の灰汁を加え発酵させて
「天然灰汁発酵建て」といわれる 染色方法で染められます

20130412_469.JPG

ai_003_thumb_1.JPG

02s.jpg

AI work
kinuya 


藍作から染織への取組

藍作 ~種植えから刈り取りまで~

05.JPG
ポットの土にくぼみをつけ、種を入れていく

400.JPG
藍の種

06.JPG
発芽

07.JPG
育苗

09.JPG
整地した土地に苗を植える

08-1.jpg
藍の苗

定植.jpg
定植

定植2.jpg
大きくなってね

11.JPG
太陽の養分でindigoが作られる

12.JPG
藍葉

14.jpg
刈り取り

15.JPG
真夏の重労働

DSC_0105.JPG